『女生徒』

  • 2004.01.27 Tuesday
  • 22:10
高校時代に友人から薦めてもらって、いまでも大好きな短編がある。
太宰治の「女生徒」だ。

この作品は、読むたびに再発見がある。「若いうちに本を読んでおいて良かった」と思う一冊だ。今回心にとまったのは、次のくだりである。

「...本能、という言葉につき当たると、泣いてみたくなる。本能の大きさ、私たちの意志では動かせない力、そんなことが、自分の時々のいろんなことから判って来ると、気が狂いそうな気持になる。どうしたらよいのだろうか、とぼんやりなってしまう。否定も肯定もない、ただ、大きな大きなものが、がばと頭からかぶさって来たようなものだ。そして私を自由に引きずりまわしているのだ。引きずられながら満足している気持と、それを悲しい気持で眺めている別の感情と。なぜ私たちは、自分だけで満足し、自分だけを一生愛して行けないのだろう。本能が、私のいままでの感情、理性を喰ってゆくのを見るのは、情ない。ちょっとでも自分を忘れることがあった後は、ただ、がっかりしてしまう。あの自分、この自分にも本能が、はっきりあることを知って来るのは、泣けそうだ。お母さん、お父さんと呼びたくる。けれども、真実というものは、案外、自分が厭だと思っているところに在るのかも知れないのだから、いよいよ情ない。...」

ある少女の、朝起きてから眠るまでの一日が、彼女の語りで綴られているのだが、ひとたび想像しはじめると止まらなくなるところとか、この世の物事は「きれいなもの」と「きたないもの」のどちらかしか存在しない、と思っているところとか、潔癖さとか嫌悪とか、今こうしてオバサンの門口に立った現在の私が読みかえしても、「うん、わかるわかる!」とうなずいてしまう。

はじめて読んだ時の感想は、「昔の女の子も、同じようなことを考えていたんだ!」だった。でも、作者は男性なんですよね…。なんでこんなに女の子の気持ちがわかったんだろう?
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

今日の点取占い様

点取り占いブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM