食いだおれ雑感

  • 2010.07.28 Wednesday
  • 20:30
カジノの収益のおかげでしょうか、ラスベガスでの食事は量がたっぷりなところに加えて意外と安い!しかも、各ホテルが評判のシェフを競って招いているため、本格的なイタリアンやフランス料理をじっくり楽しめました。

じつは、アメリカに到着してからというもの、売られている(出される)食べ物の量のすごさにかなりビビッていました。とくにラスベガスに到着してからは「過食がぶりかえしてしまったらどうしよう...」と心配はピークに。

幸いにもOAミーティングに参加できたのが大きな救いでしたし(これもなかなかの珍道中だったので後日また書きます)、最後には「これでもし再発したなら、それまでのことだ」と居直りました。 で、気づいたのが「ほんとうに美味しい料理を食べた後は、むやみに口さみしくならない」ということ。

チーズケーキが美味しいと評判の店で夫と頂いたのがこれ(やっぱり大きいのでタバコを置いてみました)。生クリームも、「どや」と言わんばかりの盛りっぷりです。いやこれがもう、ほんとに美味しかった!もうジャンクフードなんか、私の口がもったいなくて食べられない!という感じです。



ちなみにアメリカ滞在中に2キロほど体重が増えましたが、恐れていたほどではありませんでした。観光であちこち歩いたのもよかったのかもしれません。

一方で、やっぱり日本人には和食が合っているんだと再確認できた旅でもありました(帰国後、和食中心の食事にしたら、約10日ほどで体重も元に戻りました)。野菜のおひたしと豆腐がすごく恋しかったですもん。やっぱりたまの贅沢だからいいんでしょうね。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM