季節感がないまま過ぎゆく2020年

  • 2020.09.11 Friday
  • 10:58


ごぶさたしております。

コロナ禍はあいかわらず続いておりますが、春先の「得体のしれない何か」という印象だったウィルスも徐々に傾向と対策が分かってきました。
とりあえず自分ができることは手洗いとマスク、感染リスクの高い状況にはできる限り近づかない、ということなので、それらを粛々と行っていくのみです。もうね、医療制度もちゃんとしてて、きれいな水が使える日本で生活できてほんとにラッキーですよ。私はそう思います。

ときどき見かけるワイドショー番組も、例の「うがい薬」の一件からトーンダウンしたところへ次々と自然災害や政治関連の新しい話題が出てきたので、以前のような騒ぎっぷりはおさまったように感じます。ぜひこのままフェードアウトしてほしいもんです。

医療従事者の皆さん、そしてとくに!私もよく利用するドラッグストアの店員さんには、本当に頭が下がります。

トイレットペーパーの買い占めなんて、むかし母から(オイルショックのときに騒動があったと)聞いたことがあったけど、まさか2020年に起こるなんて。

ほかにも、集団ヒステリーの恐ろしさを思い知らされる嫌なニュースも耳にしました(さいわい自分の身の回りでは起きませんでしたが)。私が子供の時に、母からよく戦時中の話を聞かされていましたが、人間って少々のことでは変わらないのね、と思い知らされました。

私の仕事(パート)は、まあまあ低め安定で落ち着いています。
自分の体調を最優先にして選んだ仕事と待遇なので、不景気になれば真っ先に切られるのは頭では分かっていましたが、一時期は「このまま契約を切られるのではないか?」と不安でした。
まず、健康な人がちゃんと働ける機会に恵まれた世の中じゃないと、私のような虚弱な人間でもこなせる仕事がまわってこないんですよ......。単純労働だしいくらでも代わりのきく仕事だけど、私にとっては「ああ、社会とつながってるんだな」という自己肯定感につながるので。
あっ、どんな精神状態であっても働くべきだ、という意味ではありませんよ!念のため。

超インドア派の私ですが、さすがにこの状況にも飽きてきて「今年も野球観戦に行きたかったなー」などと思っています。いわゆるパーティーピーポー、パリピの皆さんは、今回のコロナ禍でいちばんダメージを受けているんじゃないかしら。まだしばらく受難の日々は続きますが、ぼちぼちやり過ごして行きましょうね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM