10年ごしの持病、ひとまず投薬休止。

  • 2019.12.21 Saturday
  • 09:43

私がバセドウ病(甲状腺機能亢進症)の投薬治療を受けてから11年になりますが、このたびやっと、投薬をいったん休止することになりました。

備忘録がてら、こちらのブログにも書いていますが、前回の記事が4年前になっていますね。

 

その前回の記事のとき(2015年・治療8年目)に

 

>毎日1回1錠の処方から、1日おき1錠に変更になりました。

 

とありますが、たしか去年ぐらいからかな?3日おき1錠にさらに減薬されていました。

 

今回、薬をのまずに2か月ほど様子をみて、またそこで血液検査をして、その後の処方が決められるそうです。

 

私の場合は、バセドウ病だと分かってからは、投薬治療がスムーズにいって、おかげさまで日常生活に支障なく過ごせました。

お仕事も事務職だったし、一刻も早く治療しないといけない!という立場でもありませんでしたから。ときどきアスリートの方が闘病されているのをメディアで見聞きすることがありますが、あの方たちは身体を酷使して記録、結果を残さないといけませんもんね。大変だと思います、ほんとうに。

 

外見の変化についてですが、私に出た症状は「喉元」と「目元」でした。

初期のころには喉元がぷっくりはれたり、眼球が少し出たかな?と心配になったこともありました。でも、思い悩むほどのことにはなりませんでした。

喉元のふくらみも2、3年かけて徐々に小さくなっていって、今はありません。

目はどうかなあ?昔の自分の写真を見てみると、発症する前の目元とは、やはりちょっと違いますね。自分では少し驚いた、ということでも「驚いた!!」みたいな表情になっちゃいます。

でも、遠慮なく物を言えるはずの親しい家族から「アンタほんとに人相が変わったね」と言われたこともないので、まあこんなものかと思っています。

 

主治医の話によると、ふたたび投薬が開始になる確率は「五分五分」だそうなので、正直、期待はしておりません……。

ではありますが、薬を飲まなくていい生活は単純に、ラク!なので、できればこのまま経過観察が続いてほしいです。

さて、どうなりますやら、神様におまかせですね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM