初夏のお祭り

この冬は風邪ばかりひいていてさえない毎日が続いていたのですが、春になって徐々に体調も戻り、おかげさまでつつがなく暮らしています。暖かくなるにつれて気持ちにも余裕が出てきました。太陽の力、自然の力は偉大です。

そしてもう6月。

私の住む広島市では、今週末に毎年恒例の初夏のお祭りがあります。お祭りを見るにはちょうどよい時間に仕事が終わったので、帰りは回り道をして、歩行者天国をぶらぶらしてきました。

広島ではこのお祭りが「ゆかたの着始め」とされています。平日の夜でしたが、ゆかた姿のお嬢さんたちや家族連れがたくさんいました。明日は土曜日ですから、もっと人出が多いでしょう。

さて、私がこういったお祭りでいつも買い求めるのが、ベビーカステラです。




ふだんはわざわざ買うこともなく、家で作ろうと思えばいつでも作れる(しかも屋台で買うよりうんと安上がりにできる)お菓子。ではありますが、縁日や野外イベントで見かけると、いや、探してでも必ず買ってしまうのが、ベビーカステラなのです。

幼い頃に、母親から買ってもらえなかった思い出があり、他にも美味しいものをいくらでも食べられるようになった今でも、条件反射で買ってしまいます。

子どもの頃の、そのいきさつをブログに書いていたのを思い出しました。あの記事から14年、いまだに同じことをしているとは。いやもう食べ物の恨みは恐い。

帰宅したら夫が「ベビーカステラ、あった?」とニヤニヤしながら聞いてきました。夫とベビーカステラをつまみながら、一緒に野球中継を見ました。

お祭りにはゆかた姿のお嬢さん達がたくさんいて、彼女たちを眺めながら「私も若い時に体重のことばかり気にして引きこもっていないで、友達と遊べるときに遊んでおけば良かったな」と思いました。

でも、時間は戻ってこないし、今こうして夫婦で過ごせているのもじゅうぶん幸せだと感じました。

このお祭りが終わると梅雨入りも近いのですが、今夜はさわやかな、半袖だと少し肌寒く感じるほどの風が吹いています。体が慣れた頃には季節が次に進みますが、今の調子で梅雨と夏を乗りきれたらいいなと思っています。
コメント