春こそマイペースで

お彼岸を迎えましたが、こちら広島市内は晴れたり曇ったり雨が降ったりと、不安定なお天気が続いています。そして、寒いです。近所の川沿いの桜のつぼみはまだ固く、開花予想では来週には咲くそうなのですが、そう聞いてもピンときません。

IMG_3082 (427x640).jpg

うつがひどかった頃は季節の移り変わりを感じる余裕などありませんでしたが、しかし、春から初夏にかけての時期は嫌でした。とくに春がいちばん嫌いでした。

日が長くなって、暖かくなって、花が咲き始め、新しい生活を迎える人がたくさんいて……そんななかで、自分だけが取り残されたような、追い詰められたような気持ちになっていました。

今はそのような強迫観念はなくなりましたし、道端に咲いている花を見つけて素直にきれいだな、可愛らしいなと感じられるようになりました。しかし、やはり、春は苦手です。

腰痛持ちの人が朝起きるときに急に起きあがったら腰に悪いように、暖かくなったからというだけで焦らない。ゆっくり動き出せばいい、と考えています。

昨日は肌寒い一日でしたが、自助グループのミーティングに行くことができて、良い気分転換をして帰ってきました。

ここ数日は熟睡できたりできなかったりが続いています。あくまでも私の場合なのですが、睡眠不足と“余計な”食欲がリンクしています。「やるべきこと」のハードルをぐーっとさげて、必要最低限のことを淡々とこなして、エネルギーがたまるのを待とうと思います。
コメント