はや立春

すっかり年も明けて、立春となりました。

ブログで年始のあいさつをひとことだけでもと思っていましたが、昨年末から体調不良が続き、タイミングを逃してしまいました。

原因不明の微熱が数日続き、治ったかと思えば一週間後あたりにまた微熱が出る、の繰り返し。とにかくだるい。

不安になり、かかりつけの病院で検査を受けましたが、幸い異常は見つかりませんでした。

体調も先月半ばあたりから落ち着いてきましたが、さえない年明けとなり、1月はたいしたことをしていないのに時間ばかりが経ったような感じでした。

もし「大あばれしない程度のインフルエンザ」だったら街中や職場でウイルスをまきちらしていたかもしれないので大変申し訳ないのですが(微熱だけで咳や喉の痛みはなかったのでその点は大丈夫だったと思いますが)、ともあれ検査結果に異常がなかったことは体力や免疫力が落ちていることの証明にもなったわけで、健康に年齢を重ねていくことの難しさを感じています。いまからこんな調子だったら更年期はどうなるんだ…。

私は若いときにさんざん自分の身体を傷つけてきましたから、いつ大病に襲われてもおかしくないと覚悟しています。

以前に病院の先生から「一病息災という言葉がありますよ」と声をかけてもらったのですが、身体と心のケアは、自分への埋め合わせとして死ぬまで続けていくつもりです。

今年もブログはスローペースの更新になりそうですが、よろしくお願いします。
コメント